大変!大変・・・


先日ブルガリ(ヤドカリさん ブルガリと命名)のお披露目をしましたが
生態がよくわかってないなので 検索の旅に出てみたら・・・えらいこっちゃ!だわ^^;


この種は「オカヤドカリ」といいます ふーん昔海で見たやつとは違うんだー
日本のオカヤドカリは飼育が認められてる天然記念物です え~!?そうなの?知らんかった・・
水槽は40cm以上が望ましい 
 飼育セットとして売られてるケースは論外 え・・・それってうちのじゃん Σ(・ω・ノ)ノ
砂の深さは最低10cm できれば15cm げげっ!全然足りない!(-"-;)
砂粒は1mm程度 ごまより小さめがよい 珪砂・川砂で十分 すごく大粒な気がする・・・
カルシウム補給の為に貝殻を食べることがあるのでペイントした貝殻はダメ あらま(@@)
温度は20℃以上、湿度は70%以上 ごめんなさぁーい!カラカラでしたー(><)
真水(カルキは抜く)と海水が必要  エビおやじ 水道水でいいって言ったぞ~

などなど・・・ これはいかん!引き取ったからには快適にちゃんと育ってほしいので
実際に飼われてる方のブログを見せていただきながら着工です!

接着剤や釘も良くないそうです グル―が大活躍♪
割り箸で梯子を作ってみました・・ちょっと短かった 失敗! やり直し~
c0182345_1228224.jpg


梯子の真ん中を通る訳でもなさそうなので 今度は1本にしてみましょ
プラスチックのやしの木も上手に登るので大丈夫でしょう
サンゴを繋いで吊り橋作成 残ったサンゴで滑り止めと足場用にあちこちペタペタ
c0182345_1228812.jpg


できた~ヾ( 〃∇〃)ツ
黒い容器の中は空洞 シェルター代わりです 昨日ここで寝てました( 〃∇〃)
後はブルガリの様子を見ながら改善していきたいと思います
冬支度の時には もう少し大きいガラスの水槽で作ってあげるからね!
c0182345_12533956.jpg


現在の地味な貝殻・・ちょっと小さいような気がするのでLサイズの貝を入れてみました
初日は見るだけでしたが 翌日試着してくれました ちょっぴり大きかったかな?^^;
その後一旦前の貝に戻ったけど 今日はずっと白いのに入ってます
c0182345_12282021.jpg

水入れにジャストサイズ♪ しばらく浸かってました^^

ヤドカリさんは臆病なので あまり覗いたりしない方がいいと書いてありました
でも・・見たいよね~(笑)
そんな私は 玄関の隅にいるブルガリを キッチンからオペラグラスで
見てるアヤシイ奴です(笑)
[PR]

by ramnyan-chi | 2010-06-04 13:09 | etc